This Is The One : Utada : HEART STATION : 宇多田ヒカル : ULTRA BLUE : 宇多田ヒカル : EXODUS : Utada,T.Moseley : Deep River : 宇多田ヒカル : Distance : 宇多田ヒカル,河野圭,村山晋一郎,ジミー・ジャム,西平彰,本田優一郎,ロドニー・ジャーキンス,テリー・ルイス,アレックス・リッチバーグ : First Love : 宇多田ヒカル,西平彰,Johnny Vicious,村山晋一郎,河野圭,森俊之,礒村淳 :

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 音楽ブログへ 拍手する | By スポンサードリンク | - | 2009年03月25日 | CM : 0 | TB : 0
JUGEMテーマ:宇多田ヒカル

This Is The One」、傑作だとは思います。

ただ、一つ弱点があると言えば。
全てが調和しすぎてる点、かな?

全部の曲が流れるように運ぶから、逆にこれ!っていう攻撃的な曲がないような印象。
というか、これ!という曲がありすぎるのかな?笑

EXODUS」だったら、Crossover Interludeを経ての、Kremlin Duskだったり。
Easy Breezyも、インパクトは大きい。


ただ、今回はそういう曲が少ないかな?
たぶん、一番のアピールすべき曲である、「This One(Crying Linke A Child)」が落ち着いた、バラードよりの曲調だからですかね?
それとも、曲運びが滑らかだからか?

どの曲も好きだから、どの曲も印象的で、逆にこれといって攻撃的な曲を感じないのかもしれませんが。

FYIにしても、前半に持ってきているから、アルバム全体の盛り上がりを最高潮にするポジションではない。
後は、激しい曲が少ないからかな。
テンポも全体的にゆっくり目だし。

そういう意味で、いつものHikkiらしいアルバムかと言えば分かりませんが、「First Love」に近いとは思います。
やっぱり、原点回帰が念頭にあるのかな?



全体的に、バラード調の曲で盛り上げているような気がします。
そういうのは好き。ただ、吉と出るか凶と出るかは分からない。
ライト層の人が流して聴いたとき、果たして「これだ!」という印象を抱く曲があるかどうか。

聞き込めば、全てが「これだ!」と思えると思うのですが、流して聴いたときはどうなんでしょうね。

だから結構、Come Back To Meのキャッチャーさは大事なのかも。
 
にほんブログ村 音楽ブログへ 拍手する | By リュウ | 雑記(Hikki/光) | 2009年03月19日 10:24 | CM : 0 | TB : 0
JUGEMテーマ:宇多田ヒカル

 

例によって見にくいですが、オリコン アルバム週間ランキングです。
Utada 「This Is The One」は、約78000枚で3位。

まずまず、といったところでしょうか。
土曜日発売であったこと、日本でのプロモーション活動皆無、前作「EXODUS」で「Utada」への印象があまり高くなかったであろう事、等々を考えると、十分のような気はします。

しかし、問題はメディア。
i_様も指摘していたように、宇多田ヒカルとUtadaを同じ人物として報道する(同じ人物ではありますが、アーティストとしては別人物)メディアによって、「宇多田ヒカル・Utada」としてのイメージダウンに繋がらないか、ということ。

当然、洋楽初動売上で歴代1位のEXODUSと比較され、「天下の宇多田も今では・・・」みたいな形で報道される可能性はあると思います。

そうすると、コアなHikkiファンではない人たちが、「宇多田ヒカルももうダメか、アルバム買わなくいいや」といった事を思う可能性があります。
それは、This Is The Oneだけでなく、今後のHikkiのCDの売上にも影響してくるでしょうし、少々心配ですね。

悪条件の中の78000枚であることが伝われば、また別ですが(逆に、「やっぱり宇多田ヒカル(Utada)は凄いな」というイメージになるかもしれない)、おそらくその部分は報道してくれないでしょう。
かといって、「売れなかった」理由を調べる人も少ないでしょうから、イメージダウンの可能性は非常に高いと思います。

国内プロモーション活動を行う、という方法をi_様が指摘していましたが、自分も大事な点だと思いますね。
もしそれを行わないのであれば、アメリカでのヒットが必須になってくるのではないでしょうか。


いずれにせよ、インターネットに繋いで、宇多田ヒカル・Utada情報を集めている方には、悪条件であったことを知って頂きたいとは思います。

(今回、無意識日記のこちらの記事を参考にさせていただきました。内容が重複してしまいましたが、i_様、ありがとうございます)
にほんブログ村 音楽ブログへ 拍手する | By リュウ | 雑記(Hikki/光) | 2009年03月18日 12:33 | CM : 2 | TB : 1
JUGEMテーマ:宇多田ヒカル

りん様からコメントにて伺ったのですが、どうやら曲順変更、間違いないようです!

1. Come Back To Me
2. Me Muero
3. Merry Christmas Mr. Lawrence - FYI
4. Apple And Cinnamon
5. Taking My Money Back
6. This One (Crying Like A Child)
7. Automatic Part II
8. Dirty Desire
9. Poppin'
10. On And On

早速Amazonで確かめてみたところ、曲順は上記のように。
しかし、これはどうなんでしょうね・・・?

「On And On」で終わる、というのがどうにも。
「Me Muero」も、独特な曲だから後半の方が良いような気がするのですが。
「Come Back To Me」の人気を受けて、という話ですが(i_様によると)、果たして変更する必要があったのかどうか。
Come Back To Meの曲調的に、最後の最後で持ってきても良さそうな印象ではあります。

ただ、こういった曲順にしたのには、Hikki或いはユニバーサルミュージックの方の意図があるのでしょうし、実際聴いてみれば、案外馴染むかもしれませんね。
iTunesで順番を入れ替えて聴けばいいのですが、まぁ、たぶん輸入盤も買うと思います(笑)

Amazonで今のうちに予約してしまえば、1000円ぐらいで買えますし・・・。(こちら から輸入盤「This Is The One」のページに飛びます)
ただ、輸入盤This Is The Oneを買うなら、国内盤も買ってもらいたいなぁ、なんて思ったり。


ところで、先ほど椎名林檎さんの「大人」というアルバムをレンタルしてきたのですが、なかなかいい感じです。
透明人間が気に入った!
にほんブログ村 音楽ブログへ 拍手する | By リュウ | 雑記(Hikki/光) | 2009年03月17日 21:00 | CM : 0 | TB : 0
JUGEMテーマ:宇多田ヒカル

こちらの記事で見たのですが(「無意識日記」様に飛びます)
普段から、「無意識日記」様の記事をチェックさせてもらっていて、昨夜更新されたようなのですが。

US盤の「This Is The One」の曲順が、変更になったそうです。
「Come Back To Me」が1曲目になったとか・・・。
無意識日記(サイトに”様”付けも違和感があるので^^;)の管理人、i_様がどちらで情報を入手したのかは分かりませんが、今までの(無意識日記の)記事の正確性からすると、おそらく間違いないでしょう。

これはもう、輸入盤も買うしか・・・!笑
US盤This Is The Oneに、日本とは異なる追加要素があるかどうかは分かりませんが、値段も手頃ですし、曲順変わったんだったら買っても良いかもしれない・・・。

それにしても、Come Back To Meがそこまで人気だとは思いませんでした(予想以上の反響により、順番が入れ替わったとの事です)
This Is The One、アメリカでのヒットも期待できる?

情報がもう少し増えるのを待ちますか。
英語版公式が読めないので(気力もなく)、日本語版公式が更新されるとありがたいのですが。

記事の正確性は保証できないから、そこんとこ、よろしくっ!
にほんブログ村 音楽ブログへ 拍手する | By リュウ | 雑記(Hikki/光) | 2009年03月17日 09:29 | CM : 2 | TB : 1
JUGEMテーマ:宇多田ヒカル

ふと気になったのですが、Hikkiの固定ファンはどの程度いるんでしょうね?
そして、その人達の年代とかは。

ジャニーズの人たちだったら、若い女性にファンが多いように思えますし、浜崎あゆみさんとかだったら、若い男女ともに支持を集めているような印象があるんですよ。
GReeeeN(字あってる??)も割と若いファン層が多いようですし(友達の間では、「リア充ソング」と呼ばれているようです・・・w)
V系は女性からの支持が多いようですし、とりあえず、ロック系は、割と幅広く人気があるような印象があります(B'zとか)

で、Hikkiはどうなのかな〜って。
そもそもファン層の想像自体適当なので、あまり当たってないとは思います。

ですが、一応印象は抱けます。
ただ、Hikkiのファン層って、イマイチ印象が抱けない。
自分のまわりでHikki聴いている人は少ないし、かといって知らない人もいない。
自分たちの世代、中高生世代でそこまで流行っていないとすれば、大学生とか、社会人の人たち?

でも、例えば出勤中のお父さん達がHikki聴いているとも考えにくい(笑)
大学生、うーん。
他の、もっと派手で、インパクトのある人たちに流れているような気もする。


とりあえず、全く想像がつかないということを書きたかったのです!

最近は下降気味ですが(最初が高すぎたし)、売り上げ枚数もかなりのHikki。
だから、固定ファンとかいるのかな〜と思ったりするんですが、あまり想像がつかない。
どうなんでしょうね?
にほんブログ村 音楽ブログへ 拍手する | By リュウ | 雑記(Hikki/光) | 2009年03月16日 21:07 | CM : 0 | TB : 0