This Is The One : Utada : HEART STATION : 宇多田ヒカル : ULTRA BLUE : 宇多田ヒカル : EXODUS : Utada,T.Moseley : Deep River : 宇多田ヒカル : Distance : 宇多田ヒカル,河野圭,村山晋一郎,ジミー・ジャム,西平彰,本田優一郎,ロドニー・ジャーキンス,テリー・ルイス,アレックス・リッチバーグ : First Love : 宇多田ヒカル,西平彰,Johnny Vicious,村山晋一郎,河野圭,森俊之,礒村淳 :

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 音楽ブログへ 拍手する | By スポンサードリンク | - | 2009年03月25日 | CM : 0 | TB : 0
JUGEMテーマ:宇多田ヒカル

「Taking My Money Back」、そのまま訳すと「金返せ!」です(笑)
新谷洋子さんの訳では、「無駄にしたもの」と訳しています。金返せ、じゃちょっと下品かもしれませんしね^^;

なんとなく紀里谷さんとの関係を想像してしまいますが、関係ないでしょう・・・。たぶん。


これもメロディーが抑えめで、ボーカル・コーラスがメインになっています。
今のところ、FYIぐらいしかメロディーが強くないですね。On And Onもかな・・・。

ピアノ、キーボードかな?
そういう音がバックで流れていますが、切ない空気ではなく、少し勢いのある空気。でも、明るいわけでもなく。
リズミカルな感じ。

歌詞は、ヒモの彼氏への文句。でもないか。
彼氏を軽く批判すると共に、ヒモだと分かっていても、すぐに別れなかった自分を自嘲気味に語っている。

「こんなにイイ男なのに惜しい話ね」
「こんなにイイ女なのに惜しい話ね」
という詞がある辺り、自分のことも彼氏のことも、皮肉っているように思えます。

さて、この曲、直接的にsexと言い切っています(訳もセックスと訳しています)
果たしてこれが、アメリカでどういう反応か、気になりますね。
続きを読む >>
にほんブログ村 音楽ブログへ 拍手する | By リュウ | Album 楽曲感想(This Is The One) | 2009年03月18日 17:43 | CM : 0 | TB : 0
JUGEMテーマ:宇多田ヒカル

さて、今度は「Apple And Cinnamon」の感想。
This Is The One」の曲は全体的にオススメできますが、これは特に聴きやすいと思う。
HEART STATION」は、間に他のアルバムの曲を挟みたくなったりした(聞き疲れるというか)けど、今回はそれがないですね。あ、好きですけどね。

リンゴとシナモン、これを曲に用いたHikkiのセンスが好き。
歌詞中では、「リンゴとシナモンみたいに相性抜群だった」という形で使われています。他の人はこういう歌詞を書かないだろうな、と思います。

「リンゴとシナモンみたいに相性抜群で 長続きするには出来すぎてたのね」
別れたことを嘆くも無く、ただ淡々とした歌詞。

「でもふたりがわかちあったものは素敵だった」
っていう詞が好きです。

途中から、「お願いだからそんな目で私を見ないで」という歌詞が繰り返されます。
それが連続で繰り返されるので、なんだか切なくなってくる。
歌詞と、音程があっているので、英語で聞いても切なさを感じさせます。

メロディーは面白い。
にほんブログ村 音楽ブログへ 拍手する | By リュウ | Album 楽曲感想(This Is The One) | 2009年03月17日 11:48 | CM : 0 | TB : 0
JUGEMテーマ:宇多田ヒカル

さて、「This Is The One」の 目玉とでも言えるでしょう、「Merry Christmas Mr.Lawrence-FYI」の感想でも書きますか!

映画、「戦場のメリークリスマス」の曲、「Merry Christmas Mr.Lawrence」をサンプリングしている、ということで、公開前から話題になっていましたね。
坂本龍一さんが作曲したこの曲、Youtubeなどで見かけたので聴いてみましたが、とてもよかった!

FYIですが。
これは、色々なものが調和しているように感じられました。
Merry Christmas Mr.Lawrenceのメロディーに負けることなく、でもそのメロディーを無駄にはしない、そんな曲。
また、サウンドは重厚。ピアノや弦楽器(バイオリンとかかかな?)のお陰だと思いますが、ただ重苦しいだけでなく、流れるような軽快さもありました。

歌は、最後のサビの所で、カノン?追いかける形にしてあるのですが、それが凄くいいです。コーラスが上手く使われていて、しっとりと激しく、心に響いてきます。

歌詞は非常に難解。
歌詞中に、チベット仏教信者のよく唱える真言が用いられていたり、ハスラーという単語、mp3プレーヤーという言葉も使われていて。
その辺り、少し調べてみたので、追記します。


にほんブログ村 音楽ブログへ 拍手する | By リュウ | Album 楽曲感想(This Is The One) | 2009年03月15日 15:03 | CM : 38 | TB : 0
JUGEMテーマ:宇多田ヒカル

さて、それでは「This Is The One」の楽曲毎の感想を。
曲の感想を書いたときに、「Album 楽曲感想」のカテゴリへ、アルバム毎に分類します(例:光、だったら「Album 楽曲感想(Distance)」のカテゴリに分類)

っと、説明が難しい;;
要は、曲の感想を書いたら、その曲の入っているアルバムのカテゴリに分類するって事です!
まぁ、今後更新していけば分かって貰えるはず。


では、On And Onの感想から。

アルバムの一番最初の曲で、軽快なポップナンバーだと思います。
この曲の次にFYIが来ているのがまたなんとも・・・。よい。

Hikkiにしては珍しく、コーラスに自分以外の人を入れてます。
誰かは分かりませんが、男性。複数なのかな?

ダンスクラブを彷彿させる、軽快な曲調です。でも、サビは跳ね返るような感じ。
サビにHikkiらしさが表れていると思いました。
R&Bとダンス曲の融合、みたいな感じ。

そして、歌詞。
続きを読む >>
にほんブログ村 音楽ブログへ 拍手する | By リュウ | Album 楽曲感想(This Is The One) | 2009年03月14日 17:53 | CM : 0 | TB : 0