This Is The One : Utada : HEART STATION : 宇多田ヒカル : ULTRA BLUE : 宇多田ヒカル : EXODUS : Utada,T.Moseley : Deep River : 宇多田ヒカル : Distance : 宇多田ヒカル,河野圭,村山晋一郎,ジミー・ジャム,西平彰,本田優一郎,ロドニー・ジャーキンス,テリー・ルイス,アレックス・リッチバーグ : First Love : 宇多田ヒカル,西平彰,Johnny Vicious,村山晋一郎,河野圭,森俊之,礒村淳 :

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 音楽ブログへ 拍手する | By スポンサードリンク | - | 2009年03月25日 | CM : 0 | TB : 0
JUGEMテーマ:宇多田ヒカル

「Taking My Money Back」、そのまま訳すと「金返せ!」です(笑)
新谷洋子さんの訳では、「無駄にしたもの」と訳しています。金返せ、じゃちょっと下品かもしれませんしね^^;

なんとなく紀里谷さんとの関係を想像してしまいますが、関係ないでしょう・・・。たぶん。


これもメロディーが抑えめで、ボーカル・コーラスがメインになっています。
今のところ、FYIぐらいしかメロディーが強くないですね。On And Onもかな・・・。

ピアノ、キーボードかな?
そういう音がバックで流れていますが、切ない空気ではなく、少し勢いのある空気。でも、明るいわけでもなく。
リズミカルな感じ。

歌詞は、ヒモの彼氏への文句。でもないか。
彼氏を軽く批判すると共に、ヒモだと分かっていても、すぐに別れなかった自分を自嘲気味に語っている。

「こんなにイイ男なのに惜しい話ね」
「こんなにイイ女なのに惜しい話ね」
という詞がある辺り、自分のことも彼氏のことも、皮肉っているように思えます。

さて、この曲、直接的にsexと言い切っています(訳もセックスと訳しています)
果たしてこれが、アメリカでどういう反応か、気になりますね。

下品な使い方ではないです。

「なぜってセックスは最高で あなたはつい話術巧みで 私はつい乗せられちゃったみたい」
という形。
恋人の関係には、やはり肉体関係が伴う場合がほとんどでしょうから、「私」が別れることに踏み切れなかった要因の一つとしてセックスを含めるのは、リアリティさを感じます。

これで、キスがどうだとか、そういうのだったら安っぽい曲に成り下がってしまう。
直接的に、極めて人間的に描かれていると思います。


「あなたのキスは最高だった」
っていうんだったら、「あんたは乙女か?」と突っ込みたくなるような詞。勿論、歌詞中に「キス」を用いるのもいいとは思いますけど、こういう場合はねぇ。
ドロドロした要素もある(男女関係ですし)わけだから、「キス」なんてやわらかい物じゃなくて、「セックス」っていうドロドロしたものを用いた方が、歌詞のストーリーにあってるように思えます。

そういう意味で、賛否両論あるだろう言葉を歌詞中に用いたのは、宇多田ヒカル・Utadaとしてのコンセプトを貫く姿勢を感じました。



また、この詞、対訳では「金」なんて言葉は使われていません。返して欲しいものは「時間」だったり「ハート」だったり。
やはり、こちらの方が本質的でしょう。
勿論お金も大事ですが、働けばまた稼げる。
でも、時間やハートは、無駄にしたら戻ってこない。だからこそ、無駄にはしたくないし、返して欲しいと思う。

これは対訳ですから、アメリカ人はそのまま「金返せ」と受け取るかもしれませんが、訳した方がリアルかな。

セックスにしても、時間にしてもハートにしても、人間らしい部分が表れる点だと思うので。

そういう意味で、歌詞にリアリティを求める人は好きかもしれません。
自分は割と好きでした。

最近「理想的な恋愛」を歌った曲が多いように思えますが(実際はそうじゃないかもしれませんが)、もっと「恋愛」って色々あるだろうし、その一端を汚い部分を含めてリアルに描いてあるのは、痛快だったな。

にほんブログ村 音楽ブログへ 拍手する | By リュウ | Album 楽曲感想(This Is The One) | 2009年03月18日 17:43 | CM : 0 | TB : 0
にほんブログ村 音楽ブログへ 拍手する | By スポンサードリンク | - | 2009年03月25日 | CM : 0 | TB : 0

Comment form









トラックバックURL :