This Is The One : Utada : HEART STATION : 宇多田ヒカル : ULTRA BLUE : 宇多田ヒカル : EXODUS : Utada,T.Moseley : Deep River : 宇多田ヒカル : Distance : 宇多田ヒカル,河野圭,村山晋一郎,ジミー・ジャム,西平彰,本田優一郎,ロドニー・ジャーキンス,テリー・ルイス,アレックス・リッチバーグ : First Love : 宇多田ヒカル,西平彰,Johnny Vicious,村山晋一郎,河野圭,森俊之,礒村淳 :

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 音楽ブログへ 拍手する | By スポンサードリンク | - | 2009年03月25日 | CM : 0 | TB : 0
JUGEMテーマ:宇多田ヒカル

This Is The One」、傑作だとは思います。

ただ、一つ弱点があると言えば。
全てが調和しすぎてる点、かな?

全部の曲が流れるように運ぶから、逆にこれ!っていう攻撃的な曲がないような印象。
というか、これ!という曲がありすぎるのかな?笑

EXODUS」だったら、Crossover Interludeを経ての、Kremlin Duskだったり。
Easy Breezyも、インパクトは大きい。


ただ、今回はそういう曲が少ないかな?
たぶん、一番のアピールすべき曲である、「This One(Crying Linke A Child)」が落ち着いた、バラードよりの曲調だからですかね?
それとも、曲運びが滑らかだからか?

どの曲も好きだから、どの曲も印象的で、逆にこれといって攻撃的な曲を感じないのかもしれませんが。

FYIにしても、前半に持ってきているから、アルバム全体の盛り上がりを最高潮にするポジションではない。
後は、激しい曲が少ないからかな。
テンポも全体的にゆっくり目だし。

そういう意味で、いつものHikkiらしいアルバムかと言えば分かりませんが、「First Love」に近いとは思います。
やっぱり、原点回帰が念頭にあるのかな?



全体的に、バラード調の曲で盛り上げているような気がします。
そういうのは好き。ただ、吉と出るか凶と出るかは分からない。
ライト層の人が流して聴いたとき、果たして「これだ!」という印象を抱く曲があるかどうか。

聞き込めば、全てが「これだ!」と思えると思うのですが、流して聴いたときはどうなんでしょうね。

だから結構、Come Back To Meのキャッチャーさは大事なのかも。
 
にほんブログ村 音楽ブログへ 拍手する | By リュウ | 雑記(Hikki/光) | 2009年03月19日 10:24 | CM : 0 | TB : 0
にほんブログ村 音楽ブログへ 拍手する | By スポンサードリンク | - | 2009年03月25日 | CM : 0 | TB : 0

Comment form









トラックバックURL :