This Is The One : Utada : HEART STATION : 宇多田ヒカル : ULTRA BLUE : 宇多田ヒカル : EXODUS : Utada,T.Moseley : Deep River : 宇多田ヒカル : Distance : 宇多田ヒカル,河野圭,村山晋一郎,ジミー・ジャム,西平彰,本田優一郎,ロドニー・ジャーキンス,テリー・ルイス,アレックス・リッチバーグ : First Love : 宇多田ヒカル,西平彰,Johnny Vicious,村山晋一郎,河野圭,森俊之,礒村淳 :

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 音楽ブログへ 拍手する | By スポンサードリンク | - | 2009年03月25日 | CM : 0 | TB : 0
JUGEMテーマ:宇多田ヒカル

Message from Hikkiが更新されていました。
日本語の方もあるので、この後更新します。

こちらでご覧下さい〜♪(U3MUSIC INCに飛びます

今日から「This Is The One」の、アメリカでのDL販売開始ですね。
果たしてどうなるか・・・。

Hikki's Room-宇多田ヒカル(Utada)動画-」の方、ひとまず完成しました!
もしよろしければ、遊びに来てくださいね。
にほんブログ村 音楽ブログへ 拍手する | By リュウ | Message from Hikki(Abroad/海外) | 2009年03月24日 20:48 | CM : 0 | TB : 0
JUGEMテーマ:宇多田ヒカル

最近更新がおろそかになっていますが、不定期更新のサイトなので・・・。

現在、Hikki's Roomの別館をつくっております。
こちらは、元々、管理人が感じたことを気ままに書いていくために用意したのですが、最近動画も貼りたくなりまして。

ですが、ただでさえ表示が遅いことがあるのに、動画なんぞ貼り付けたら余計に!!
・・・・・・ということで、別館で動画館を作っています。


http://utadamovie.blog.shinobi.jp/

こちらで制作中ですので、よろしければ遊びに来てください。
完全に宇多田ヒカル(Utada)動画に絞ってあります^^;

まだ完成していないので、色々と不便なことがあるかと思いますが、なるべく早めに作るので!



こちらも当然更新しますが、一段落するまで、更新に間が空くかもです・・・。
にほんブログ村 音楽ブログへ 拍手する | By リュウ | 雑記(Other/他) | 2009年03月22日 17:05 | CM : 0 | TB : 0
Message from Hikkiの海外向けメッセが更新されていました!
こちらより、ご覧下さい(MfHに飛びます)

http://blog.goo.ne.jp/unconsciousnessdiary


また、上記リンク先で、i_様の訳が読めます。
大助かり大助かり・・・!


ラジオ局まわりをしているようです。
やはり、本人からのメッセージで、プロモーション活動を行っていることを伝えて貰えると、真実味が増すというか(笑)
より、現実的に感じられます。

ダンス・ラジオ局?というところに行ってきたらしく、そこでラジオ・クラスをとっている学生と写真を撮ってきたそうです。
自分が一番年下に見えるとかなんだとか(笑)

でも、外人さんって大人っぽく見えるような。
この間のめざましテレビでも、Hikkiの通っていた小学校に立ち寄ったとき、現在その小学校に通っている女の子二人が映されてたのですが、凄く大人っぽかった!

普通に中学生で通じるんじゃないか?っていうぐらいに。
だから、Hikkiが年下に見えても不自然じゃないのかも・・・。身長差とかもあるし。


アメリカでの「This Is The One」のヒットを願うばかりです^^;

点-ten-」と「線-sen-」、どうしようかなぁ・・・
点-ten-だけでも欲しいんだけど・・・。
まだ感想がそこまで上がってきていないので、もう少し見かけるようになったら、どの段階で入手するか決めたいと思います!
にほんブログ村 音楽ブログへ 拍手する | By リュウ | Message from Hikki(Abroad/海外) | 2009年03月20日 08:58 | CM : 2 | TB : 0
JUGEMテーマ:宇多田ヒカル

This Is The One」、傑作だとは思います。

ただ、一つ弱点があると言えば。
全てが調和しすぎてる点、かな?

全部の曲が流れるように運ぶから、逆にこれ!っていう攻撃的な曲がないような印象。
というか、これ!という曲がありすぎるのかな?笑

EXODUS」だったら、Crossover Interludeを経ての、Kremlin Duskだったり。
Easy Breezyも、インパクトは大きい。


ただ、今回はそういう曲が少ないかな?
たぶん、一番のアピールすべき曲である、「This One(Crying Linke A Child)」が落ち着いた、バラードよりの曲調だからですかね?
それとも、曲運びが滑らかだからか?

どの曲も好きだから、どの曲も印象的で、逆にこれといって攻撃的な曲を感じないのかもしれませんが。

FYIにしても、前半に持ってきているから、アルバム全体の盛り上がりを最高潮にするポジションではない。
後は、激しい曲が少ないからかな。
テンポも全体的にゆっくり目だし。

そういう意味で、いつものHikkiらしいアルバムかと言えば分かりませんが、「First Love」に近いとは思います。
やっぱり、原点回帰が念頭にあるのかな?



全体的に、バラード調の曲で盛り上げているような気がします。
そういうのは好き。ただ、吉と出るか凶と出るかは分からない。
ライト層の人が流して聴いたとき、果たして「これだ!」という印象を抱く曲があるかどうか。

聞き込めば、全てが「これだ!」と思えると思うのですが、流して聴いたときはどうなんでしょうね。

だから結構、Come Back To Meのキャッチャーさは大事なのかも。
 
にほんブログ村 音楽ブログへ 拍手する | By リュウ | 雑記(Hikki/光) | 2009年03月19日 10:24 | CM : 0 | TB : 0
JUGEMテーマ:宇多田ヒカル

只今起床しました^^;
そういえば、今日は3月19日、「This Is The One」にばかり気をとられていましたが、 「点-ten-」 「線-sen-」の発売日ですね!

公式を確認してみたところ、特設サイトが設置されていました。
こちらから飛べますので、ご確認下さい(特設サイトに飛びます)

なるべく早めに入手したいんですが、貧乏学生には厳しいものがあります(苦笑)
せめてバイト出来る年齢になれば!笑


Deep River(曲名)の「点と線を繋ぐように」のフレーズを思い出すタイトルですね。
こういうセンスが好き。
にほんブログ村 音楽ブログへ 拍手する | By リュウ | 更新情報(宇多田ヒカル-EMI-) | 2009年03月19日 08:52 | CM : 0 | TB : 0